費用・業者を選ぶ基準|きれいな状態に戻す|現状回復工事で部屋を元通りに
男女

きれいな状態に戻す|現状回復工事で部屋を元通りに

費用・業者を選ぶ基準

工具

原状復帰の工事は、壁や天井、床など様々な箇所で必要になります。工事内容で多いものは、壁紙の張替えです。タバコや子どもが落書きしてしまったという場合には、張替えが必要になってきます。その場合、費用は1メートルで1,000円弱の費用で張り替えることができます。ほかにも、畳の表替えは1畳4,000円前後ぐらいの費用がかかります。障子の張替えは、1本3,000円弱ぐらいで張り替えできます。施工内容も様々で、部屋の広さでも原状復帰の工事費用が変わってきますので、依頼する際に業者に工事内容と費用を確認しておきましょう。

原状復帰の工事を業者に依頼する際、何を基準に業者を選んでいいかというポイントをチェックしておきましょう。まずは、見積もりを数社からもらい、費用をみるということも大切です。明らかに高額な費用・安すぎる費用のところは注意しましょう。ほかにも、原状復帰の工事だけではなく掃除にも対応してくれる会社かどうかというところもポイントです。傷んでいる部分を直すだけではなく、工事が終わったあとに掃除も請け負ってくれる業者だととても助かります。また、原状復帰工事とは別に照明の取り替えやドア部品の交換など、ちょっとした作業も一緒に対応してくれる業者もありますので、何か作業を一緒に依頼したい場合は、そういう業者を選ぶと良いでしょう。業者によってはいろいろなサービスを設定しているところもありますので、インターネット等で確認して、原状復帰工事を依頼する業者を決めましょう。気になる点があれば、直接問い合わせておくと安心です。