義務を果たす|きれいな状態に戻す|現状回復工事で部屋を元通りに
男女

きれいな状態に戻す|現状回復工事で部屋を元通りに

義務を果たす

工具類

マンションやアパートなどを退去するときに、借主は貸主に借りていた部屋の明け渡しの義務があります。今まで生活していた部屋をきれいに清掃し、貸主に明け渡すことはもちろんですが、部屋を借りたときの状態に戻すという現状復帰の義務を果たさなければなりません。明け渡し時に、借りていたときとは全然違う部屋になっているとなるとこの義務を果たしたことにはなりません。清掃してきれいにするのはもちろん、生活していたときに傷めてしまった壁やドア、放っておいてしまったシミができてしまったカーペットなどは、原状回復の義務があります。

退去するときに契約も解除されますが、その次にはまた新しい入居者と契約が結ばれます。そのときに気持ちよく生活してもらうためにも、現状復帰はとても必要です。義務でもありますが、部屋を貸してもらって生活していたので、感謝の意味も込めて傷んだ部屋を直すということは大切です。自分が借りた当初は、傷みもなくきれいな状態だったはずです。次の入居者にも同じように感じてもらうために現状復帰の義務を果たしましょう。また、義務を怠ると貸主とのトラブルになる可能性があります。それを避けるためにも、どのような場合に借主である自分が負担するべきなのかということを確認しておきましょう。そして、貸主と借りていた部屋に感謝の気持ちを込めてきれいに元の状態に戻しましょう。退去が決定したときに、管理会社に現状復帰のことについて確認すると良いでしょう。また、契約書類に記されていることもありますので、改めて目を通してみてください。