作業員

きれいな状態に戻す|現状回復工事で部屋を元通りに

義務を果たす

工具類

部屋を退去するときに、原状復帰の義務を果たさなければなりません。きれいな状態にするだけではなく、借主である自分が傷めてしまった部分は、借りた当初の状態に戻す必要があります。

More...

元の状態に

空室

引っ越しする際に、すべて家具や荷物を引き払ったら床のフローリングが傷ついていた場合や、壁に傷が入っていたということもあります。そういうときには、現状回復が必要な場合があります。ただ、現状回復といってもすべて負担するというだけではなく、貸主である大家や管理会社が負担する場合もあります。そもそも現状回復とは、住んでいる間に建物の価値を減少させるような状態にしてしまった場合に、復旧しなければならないものです。普通に生活していて生じる畳が日に焼けてしまうケースや、壁紙の変色などは、年数が経過するごとに起こるものなので、意図して傷つけたわけではありません。そのときには貸主が修繕することになります。毎月の家賃の中に消耗による修繕の費用が含まれているケースがほとんどです。現状回復が必要だからといって、畳を新しくするなどはしなくても良いのです。

貸主である大家・管理会社が負担する場合は、家具の重みでできた設置跡や、壁紙や畳の変色などが挙げられます。借主が普通に生活していて、自然に畳などが日に焼けてしまった場合などは該当しません。しかし、借主の不注意でカーペットを汚してしまい、手入れをしなかったことによる跡が残ってしまった場合などは、借主の責任となり、現状回復が必要になります。また、壁にカレンダーや写真を飾ったことにより穴が開いた場合や、釘などを使用した場合も借主の負担となります。通常の生活・使用方法で生じた変化は貸主の負担になりますが、清掃を怠ったために落ちなくなった汚れや、壁の傷みなどは借主の負担となることが多いです。現状回復は借主がすべて負担するというわけではありませんが、場合によっては借主が当初と同じような状態に戻さなければならないときもあります。そのような場合には、現状回復工事を業者に依頼しましょう。

オフィス・店舗

空き部屋

住居だけではなく、オフィスや店舗が移転のために退去するというときなども原状回復工事の義務が発生します。特に店舗などは契約を結んだあとに改装工事を行なうところがほとんどなので、元の状態に戻す必要があります。

More...

費用・業者を選ぶ基準

工具

原状復帰の工事内容によって、どれぐらい費用がかかるのかという目安を事前に確認しておきましょう。また、工事を依頼するときの業者選びのポイントも合わせてチェックしておきましょう。

More...